実践の部屋 目次へ戻る

2-2 基礎の効用
 
  (
この部屋は、番号順にお読み下さい 

 片手を上げ下げしながらの座禅、続けていると、腕が疲れますよね。慣れてきたら、腕の動きを小さくしたり、腕の代わりに指を用いたりすると良いでしょう。
 
 自分で工夫を加えながら続けましょう。 継続は力なり です。
 
 筋肉の鍛錬と同じで、心の鍛錬も、いきなり強くはなりません。続けることが大切です。
 
 禅の目的は、心を制御することと、心を意識のより深い所(注1)に安定して留まらせることです(禅定)。
 
 そのためには、心を制御する力を培わなければなりません。
 
 では、何故、心を制御して、より深い所にに安定して留まらせる必要があるのでしょうか。それは、「さとり」に向かうためです。
 
「さとり」とは、心の状態のことである。と以前に記しました。例えるならば、子供の心が、大人の心に成長する様なものです。
 
 子供は大人に比べて、心に落ち着きがなく、考えが浅く、思慮分別がありません。即ち、制御されていないのです(当たり前ですけれど)。 
 
 「さとり」に向かう修行とは、落ち着きがなく、考えが浅く、思慮分別のない、制御されていない、私たち凡夫の心を、修行によって、仏の心に成長させること、と言い換えても良いでしょう。
 
 釈尊の教えは、言葉で読むと、とても平易です。簡単に出来そうに思えてしまいます。でも、やってみると、とても難しいものです。
 
 実践の困難さを経験してから読み返すと、釈尊の教えは、深く、難しいものだと気付きます。おそらく、修行が進めば進んだだけ、釈尊の教えもより深く、より難しいものに変化して行くでしょう。
 
 
 釈尊の教えの認識が変わっていくこと。これが、成長の証かも知れません。
 
 
 先は長いですが、先ずは第一歩から、の座禅です。
   1 腕(指)を心で観ます。
   2 腕(指)の動きを心中で唱えます。
   3 唱えた動きに従って、腕(指)を動かします。
   4 動いている腕(指)を心で見続け、唱え続けます。
   
注 観る、唱える、動かす、の、いずれかが途切れたら、動きを止めて、仕切り直して再開します。 
 
 連続して30分程度はできる様に、訓練しましょう。
 
 動きは小さくても構いませんし、腕でも指でも、構いません。やりやすい様に工夫して頑張りましょう。動きと言葉と観察が大切です。
 
 この禅も、数日やったら次の段階へ進みましょう。
 
 
注1:意識の深い所・・・この表現が分からない方は、直接お尋ね下さい。
 
 
 

     実践の部屋 目次へ戻る

 

このサイトに掲載の記事・写真等の著作物の無断転載を禁じます。
Copyright 2004 genkuuji. All rights reserved.
No reproductionor republication without written permission.